ウォルドーフ・アストリア大阪(ヒルトン系・252室)2025年開業 グラングリーン大阪(うめきた2期)

(当サイトはアフィリエイト広告を利用しています)

2024年4月(北東から撮影)

ウォルドーフ・アストリア大阪は、大阪駅北側再開発「グラングリーン大阪」の南街区「パークタワー」の2F・28F~38Fに入居し2025年に開業する。

ホテルの規模は、客室数252室・延床面積約3.3万㎡で、客室面積は50㎡を中心とする。

南街区「パークタワー」の規模は、地上39階・高さ182m・総延床面積約32万㎡(南街区賃貸棟合計)で、2024年11月に竣工する予定。

 

街区 ホテル名(運営会社) 客室数 開業時期
南街区 ウォルドーフ・アストリア大阪(ヒルトン系・最上級ラグジュアリーホテル) 252室 2025年上半期
ホテル阪急グランレスパイア(阪急阪神HD・アップスケールホテル) 482 室 2024年度下期
北街区 キャノピーby ヒルトン大阪梅田(ヒルトン系・ライフスタイルホテル) 308室 2024年度上期

地図

ウォルドーフ・アストリア大阪 概要

2024年4月(南から撮影・中央の最も大きいビル)
ホテルブランド ウォルドーフ・アストリア大阪
英語 WALDORF ASTORIA OSAKA
所在地 大阪市北区大深町
入居ビル パークタワー(南街区賃貸棟)
高さ 182m
延床面積 約32万㎡(ホテル33,090㎡)
階数 39階建(ホテル2F・28F~38F)
客室数 252室
付帯施設 ラウンジ&バー「ピーコック・アレー」

レストラン

フィットネス

スパ

屋内プール

チャペル

ライブラリー

ラウンジ

宴会場

会議室

開業 2025年上半期
アクセス JR大阪駅から徒歩2分~3分

グラングリーン大阪(うめきた2期)当ブログで加工

グラングリーン大阪(うめきた2期)(南街区)(右奥のビル)
2024年4月

北東から撮影

南東から撮影(中央の奥)

2024年4月(南から撮影・中央の最も大きいビル)

南西から撮影(左のビルの上層階)

西面を撮影(右側の上層階)

北西から撮影(奥のビルの上層階)

 

2023年7月

2023年7月撮影

2023年7月撮影

2023年7月撮影

 

当ブログまとめ

ホテルクラス 運営者 街区 階数 客室数 延床面積
SL(スーパーラグジュアリーホテル 5つ星) ウォルドーフ・アストリア(ヒルトン) 南街区 賃貸棟/西棟(39F) 1F~2F

28F~38F

252室 33,090㎡
US(アップスケールホテル) ホテル阪急グランレスパイア 南街区 賃貸棟/東棟(28F) 1F~2F

5F~27F

482室 21,740㎡
ライフスタイルホテル キャノピー(ヒルトン系) 北街区 賃貸棟(26F) 1F

10F~25F

308室 20,220㎡
  • 「ウォルドーフ・アストリア(ヒルトン最上級)」スーパーラグジュアリーホテル(街の格式を高める)
  • ホテル阪急グランレスパイアは、アップスケールホテル(観光からビジネスまで幅広いニーズに対応する)
  • 「キャノピー(ヒルトン系)」ライフスタイルホテル(関西・大阪のカルチャーを発信する)

 

グラングリーン大阪(うめきた2期)全体図

うめきた2期全体図
うめきた2期(南街区)